働かざる者、食うべからず

って、ことわざがあるじゃないですか。

ワタクシもキャリアウーマン脱落組として、よそ様で働かず、家で「家事手伝い」の雑務をこなす毎日。外からお金を稼がない分、家の中での自分の地位を少しでも上げようと努力している毎日でもあります。

そんな涙ぐましい努力をしている中で、「ワタクシ、家の中で働いているザマス」とばかりに働き者を自称する中、だから「食べよう」って、自分で作る三食をモリモリと食べ、昼間からせんべいをバリバリとかじる毎日でもあったりします。

はい、太りました。

これは絶対ストレスからくる肥満だわ!っとウチの両親に説明するも、「家の中にいて何がストレスか、バカたれ!」っと叱られたのが昨日の話。まぁ、その通りだから何も言い返せないんだけど。ぐうの音も出ないってこのことかと思ったり。

これが、10代の頃だったら、まぁ許されるかもだけれど、ワタクシ、花の三十路が近づいている中、このままではダメだと決意したのですことよ。(しゃべり方、変になってる)

何しろ、このブログ自体、自分の職業を「家事手伝い」から「主婦」にクラスチェンジすることを目的に書いてたりするのに、ぽっちゃりくらいから少し深刻な状況へと変化するこの状況を変えなきゃ!って思うようになったのです。

でも、正月は恐ろしい。お餅やらおせちやら美味しいものが多い上に、寒いから動きたくない。これでは摂取したカロリーも消費できないってものです。はい。

で、考えたのが、「働かざる者、食うべからずダイエット」です。

あ、別にどこかに働きに行くわけではないですよ。あくまでも「家事手伝い」を頑張るって方向性です。

とはいえ、今まで通りだと、ついつい寒さにかまけて働かないので、自分なりにルールを決めたのです。

まず、家事をするにしても姿勢を良くすること。これは、ワタクシ、もともと少し猫背なので、背中をしゃんとするだけでもけっこう苦しい。あるサイトで体幹を意識すると、同じ活動でもカロリー消費が変わるってなことが書かれていたので、試してみる。お腹を30秒へこますってのも効果的らしい。

料理するときも、掃除するときも、まるで頭の上に本があってそれを落とさないように気を付けながら行う。これだけで、けっこう疲れるものですね。いい運動している気がします。

でも、やっぱり寒いので洗濯などの家事をサボっちゃったりすることもある。

そんな時こそ、「働かざる者、食うべからずダイエット」で、自分に罰を与えて食べないようにしてます。

やり始めてから1週間だけど、少し、体重が戻ったかなって感じです。

まぁ、まだまだ去年の体重に戻っていないんだけどね。

ちょいちょい頑張ってみます。