断捨離を実践してみました

日記

断捨離ってご存知でしょうか?

ヨガの考えである断行・捨行・離行をもとに「やましたひでこ」さんが考案したものだそうです。

「断」は、自分に必要ではないものを、ついつい買ってしまったり、人からもらったりするものを「断つ」ことです。要らないものを入れないようにするという考え方ですね。

「捨」は、すでに家にある要らないものを捨てるってことです。記念品や思い入れのあるけど使っていない服やバッグなど、意外と捨てられないですよね。それをバッサリ捨てよう!って考え方です。

「離」は、そもそも物への執着から離れようっていう考え方です。

で、ワタクシも家事手伝いを生業としている身。お父様とお母様のご自宅を、立派に断捨離してみせますことよ!

っと、意気込んで、この1か月頑張ってみました。

いや~コレ大変ですわ。

まず、自分の部屋から要らないものを捨てようと思って、服やら小物やら出すのですが、まぁなかなか捨てられない。

特に、これまだ使うかもってものや、誰かからもらったり何かの記念で買ったりした物などは、もったいなくて捨てられないんです。物への執着から離れる「離」が一番厄介だなと。

それでも、一度、クローゼットや押し入れ、引き出しの中のものをすべて出してみると、ごみ袋3袋分くらいのものを捨てました。いやぁ使っていないものや別に要らないものって結構あるんですね。

で、少しでもお部屋が片付いたら、やっぱり気分がいいですね。

てことで、やる気も出たところで洗面所やお風呂場、リビングや、難関のキッチン周りまで「断捨離」をやってみました。

これが、自分の物だと捨てきれないものも、リビングやキッチンなどのウチの両親が買った「これ要らんだろう」って物はあっさり捨てることができるんですね。片づけは執着がない分、他人がやる方が良いって思い知りました。

最初は、両親も「え、これ捨てるの?それは勘弁!」みたいなことを言うとりましたが、それも軽く無視しつつ、強行突破。

家事手伝いの時間をフルに活用しても1か月かかりましたね。

でもなぜ主婦(うちの母親)って、スーパーのレジ袋やコンビニの使わなかった割りばしやおしぼりを大量にストックするのでしょうか。ブランド物を購入した商品を入れる少しいい紙袋や海苔やお菓子の缶も、大量に出てきました。全部処分です。

主婦って職業は、無駄なものをため込むってな習性でもあるんでしょうかねぇ。

いかんいかん、ワタクシも「家事手伝い」から「主婦」にジョブチェンジするんだった!

ワタクシの家庭は、断捨離の行き届いた、スタイリッシュな家庭にしたいなっと思う今日この頃でした。

働かざる者、食うべからずダイエット

日記

働かざる者、食うべからず

って、ことわざがあるじゃないですか。

ワタクシもキャリアウーマン脱落組として、よそ様で働かず、家で「家事手伝い」の雑務をこなす毎日。外からお金を稼がない分、家の中での自分の地位を少しでも上げようと努力している毎日でもあります。

そんな涙ぐましい努力をしている中で、「ワタクシ、家の中で働いているザマス」とばかりに働き者を自称する中、だから「食べよう」って、自分で作る三食をモリモリと食べ、昼間からせんべいをバリバリとかじる毎日でもあったりします。

はい、太りました。

これは絶対ストレスからくる肥満だわ!っとウチの両親に説明するも、「家の中にいて何がストレスか、バカたれ!」っと叱られたのが昨日の話。まぁ、その通りだから何も言い返せないんだけど。ぐうの音も出ないってこのことかと思ったり。

これが、10代の頃だったら、まぁ許されるかもだけれど、ワタクシ、花の三十路が近づいている中、このままではダメだと決意したのですことよ。(しゃべり方、変になってる)

何しろ、このブログ自体、自分の職業を「家事手伝い」から「主婦」にクラスチェンジすることを目的に書いてたりするのに、ぽっちゃりくらいから少し深刻な状況へと変化するこの状況を変えなきゃ!って思うようになったのです。

でも、正月は恐ろしい。お餅やらおせちやら美味しいものが多い上に、寒いから動きたくない。これでは摂取したカロリーも消費できないってものです。はい。

で、考えたのが、「働かざる者、食うべからずダイエット」です。

あ、別にどこかに働きに行くわけではないですよ。あくまでも「家事手伝い」を頑張るって方向性です。

とはいえ、今まで通りだと、ついつい寒さにかまけて働かないので、自分なりにルールを決めたのです。

まず、家事をするにしても姿勢を良くすること。これは、ワタクシ、もともと少し猫背なので、背中をしゃんとするだけでもけっこう苦しい。あるサイトで体幹を意識すると、同じ活動でもカロリー消費が変わるってなことが書かれていたので、試してみる。お腹を30秒へこますってのも効果的らしい。

料理するときも、掃除するときも、まるで頭の上に本があってそれを落とさないように気を付けながら行う。これだけで、けっこう疲れるものですね。いい運動している気がします。

でも、やっぱり寒いので洗濯などの家事をサボっちゃったりすることもある。

そんな時こそ、「働かざる者、食うべからずダイエット」で、自分に罰を与えて食べないようにしてます。

やり始めてから1週間だけど、少し、体重が戻ったかなって感じです。

まぁ、まだまだ去年の体重に戻っていないんだけどね。

ちょいちょい頑張ってみます。

家事手伝いからのクラスチェンジを希望する、もうすぐ三十路女子

日記

瀬戸内のとある地方で実家に寄生して家事手伝いをしている29歳のナツミです。

恋に恋する乙女……と、自分自身を偽ることができなくなってきた今日この頃。そろそろ旦那サマを探そうかなって思い、頑張ってみようと思う。

と決意してみても、出会いが無いんよねぇ。。。( ;∀;)

花嫁修業とばかりに、実家の料理・洗濯・掃除を手伝う日々。皆様、ワタクシ、かなりのスキルをゲットしているのですよ。けっこうなレベルでどれもこなせるんですわ。女子力ならぬ主婦力強し!

でも、出会いが無いんよね。。。( ;∀;)

この年(29歳おとめ座)では、さすがに白馬の王子様とか考えてないですよ。学歴も、収入も、身長も、そこそこでケッコウです。顔も……まぁ好みがあるけど、高望みはしませぬ。けっこう、ストライクゾーンは広いつもりです。

ただ、働きたくないのです!

家事はね。割と自信があるのですよ。家で黙々と地道な作業をこなす。コレ得意。

けどねぇ。労働となると、職場の人とかいるじゃないですか。上司からメイレイを受けて、いろいろがんじがらめになりながら作業をこなす。コレ無理。

でも最近、今の私の状況って「家事手伝い」やんっ!っと気づいたんですね。

いまの私のステータスを見ると、

職業:家事手伝い

のはず。

 職業:主婦

っと比べもんにならないわけですよ。

なんか私からすると、主婦ってだけで勝ち組って感じですもん。

いや分かるんですよ、主婦はツライとか。家事育児は、まわりの友達とか見てると本当に大変そうです。でも、それでも、働くよりはマシ!

というのも、ワタクシにも実はつらい過去とかあったんですよね(遠い目)

幼稚園から短大まで地元の学校。短大卒業後に地元の中小企業にメデタク就職。でも、順風満帆だったのは最初の1か月。五月病って本当にあるんだねぇ。(しみじみ)

ワタクシ、ちょいと上下関係とか分からない感じのしゃべりで男女問わず会社の人と接していたら、まぁお局サマ的なひと?に目をつけられまして。入社1週間でいびられる毎日。

今でこそ、あの頃の話も明るくできますが、ハタチかそこらのゆとり系小娘には厳しかったですね。ちょいとトラウマになっちゃったんです。

入社2か月目で、精神的にまいってしまい「私、生理がキツイんで」とかいって3日ほどズル休み。そして出社後、待ち構えたかのようにお小言をいただく。うわ~コレ無理だぁ。

んで、6月末で退職届を提出。

担当の課長さんからは引き留めていただきまして、一度は退職届を引っ込めたものの、結局、7月15日付でもう一度、退職届を提出。そして今度こそめでたく?退職。

短大時代から一人暮らしでしたが、退職してから実家に寄生。その後、親のススメでスーパーのレジ打ちやファミレスのウェイトレスなどのパートをしてみるも、どこも長続きしない。25歳くらいから親も働けと言わなくなりました。

そんなこんなで、他人とコミュニケーションを取りながら働くのはムリ。できれば主婦でOKって言っていただける旦那サマを希望!家事なら完ぺきにこなしてみせましてよ(*‘∀‘)

と、こんな感じで、自分の職業を「家事手伝い」から「主婦」にクラスチェンジするために、こちょこちょ書いてみようと思います。

ページの先頭へ